LOADING

SCROLL
ABOUT

読売新聞社がeスポーツチーム
GxGジー・バイ・ジー 」を創設

読売新聞社が「GIANTS」ブランドを活用した
eスポーツチーム「G×G」を創設しました。

読売新聞社は読売巨人軍の創立記念日である12月26日、「GIANTS」ブランドを活用したプロeスポーツチーム「G×G」(GAMING TEAM×TOKYO G IANTS/呼称:ジー・バイ・ジー)を発足させます。2019年より、対戦型のオンラインカードゲーム「Shadowverse」(シャドウバース)のプロリーグに参戦し、日本のeスポーツ界を盛り上げていきます。

読売新聞グループは、報道機関として新聞を発行し日々のニュースをお届けするだけでなく、展覧会やコンサート、スポーツ大会など良質のエンターテインメントを開催し、多くの方々に感動をお届けすることをもう一つの使命としてきました。なかでも80年以上の歴史を誇る読売巨人軍は国民に愛され、単なるプロ野球チームにとどまらず日本のスポーツ界、エンターテインメント事業の中核を担ってきました。 日本国内でまだなじみの薄いeスポーツは、限りない成長の可能性を秘めています。私たちは、「GIANTS」ブランドを活用することで、この新しいエンターテインメントの世界に多くの価値を提供し、けん引していきたいと考えています。そのためには、eスポーツの垣根を低くし、あらゆる人にその楽しさを知ってもらうことも大切です。読売新聞社は、メディアとしての発信力と信頼性を生かし、様々なプロジェクトを「G×G」というチームを通じて実践していくことで、eスポーツ文化を定着させたいと考えています。  なお、「G×G」の運営主体は読売新聞東京本社となります。

コメント

  • 読売新聞グループ本社代表取締役社長/読売巨人軍取締役オーナー 山口 寿一

    2018年は、国内外でeスポーツへの注目度が一気に高まった1年でしたが、今後のさらなる成長には、ファンの裾野をいかに広げることができるかが重要です。読売新聞社は、報道や情報発信に加えて、「G×G」を読売巨人軍のように多くのファンに愛されるチームに育てていくことで、eスポーツの成長と発展に貢献していきたいと考えています。

  • 読売巨人軍監督 原 辰徳

    ジャイアンツに加わった「G×G(ジー・バイ・ジー)」という新しい仲間を歓迎します。プロ野球もeスポーツも最高のエンターテインメント。ジャイアンツと名を冠するチームが目指すのはただ一つ、頂点です。自らの誇りをかけて、ファンを楽しませるために、どんな厳しい戦いであっても常に勝利を目指していきましょう。

BATTLE

RAGE Shadowverse Pro League
参戦メンバー決定

2019年から「G×G」として、
プロeスポーツリーグ「RAGE Shadowverse Pro League」(レイジ シャドウバース・プロリーグ)に参戦します。
1月に選手の募集を開始し、厳正な選考の結果、参戦メンバーが決定しました。

※「RAGE」は、株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社が年間を通して運営する、
複数ジャンルのゲーム王者を決める「国内最大級のeスポーツイベント」です。「Shadowverse」は対戦型のオンラインカードゲームで、RAGEの競技タイトルに採用されています。

NEWS

新着情報

  • 「RAGE Shadowverse Pro League 2019」参戦メンバー決定

  • 「RAGE Shadowverse Pro League」選手募集終了のお知らせ

  • 「RAGE Shadowverse Pro League」に参戦するため2月11日(月・祝)まで、選手の募集を行います。

SNS